当会について

会長あいさつ

徳島県技術士会会長  冨士 達雄(技術士 建設/総合技術監理部門)

徳島県技術士会は,会員の品位と実力を高め,かつ会員相互の連絡協力を密にし,お互いの親睦を図り,後進を導き技術士業務の啓発,発展および県内技術の進展に寄与することを目的とした専門技術者集団です。

このたび徳島県技術士会の定期総会で会員の皆様に選任され,8代目会長の職に就任いたしました冨士と申します。昨年度までの活動を踏襲するとともに,魅力ある技術士会を目指して,活動内容をこれまで以上に充実させる所存です。至らない点も多いと思いますが,皆さまのご理解,ご支援,ご協力を仰ぎながら,与えられた任期を精一杯努めたいと考えておりますので,よろしくお願い申し上げます。

さて,徳島県技術士会は,平成29年8月で創立50周年という大きな節目を迎えます。昭和42年8月に会員数12名で発足し,一歩ずつ歩み続けて50年,現在では15部門に会員数185名を数えるまでになりました。また,現在,広報,修習技術者支援,出前講座,ホームページ,事業の5つの常設委員会と商工,建設,女性,青年の4つの部会が組織され,各部署の精力的な活動を通じて「技術士」の認知度も少しずつ高まっているように思います。これもひとえに,歴代会長はじめ各理事の皆さま,そして何よりも会員の皆さまのご支援,ご協力の賜と深く感謝している次第です

ところで,各県の技術士会では,(公社)日本技術士会の県支部への改組が進んでおります。最近では,中国地方の岡山県,鳥取県,山口県の技術士会が各県支部を立ち上げ,四国地方でも高知県技術士会が,(公社)日本技術士会高知県支部への移行を検討しています。このような潮流がある中でも,先輩諸氏が築き上げた歴史ある徳島県技術士会を次代につなげることが,現組織の最大の務めと考えております。このことを念頭において当会の運営に邁進するとともに,会員の皆さまに満足して頂けるサービスの提供を,理事会一丸となって推進してまいります。

最後になりましたが,徳島県技術士会の持続的発展と会員の皆さまのご健勝・ご多幸を祈念するとともに,会員の皆さまに一層のご理解,ご支援,ご協力をお願いしまして会長就任の挨拶とさせていただきます。

ページの上部へ